新響JOCアンコールコンサート2017

7073
7076
7088
7091
7094
7099
7113
7118
7128

JOC(ジュニアオリジナルコンサート)とは、日本国内をはじめ、世界各国のヤマハで学ぶ15才以下の子どもたちが自分の心に感じたことを曲にし、自ら演奏して表現する自作自演のコンサートです。

今年度、新響楽器の各教室でも、たくさんの「世界にひとつだけの曲」が生まれました。
2017年1月~2月の3週に亘り「JOCin新響」と題したコンサートを西宮北口店オーパスホールにて開催。80を超える作品が演奏されました。

そして、3月5日(日)、同じオーパスホールにおきまして、「JOCin新響」に出演して下さった作品の中から、様々な年齢、演奏スタイル、ジャンルの22作品によるこの「新響JOCアンコールコンサート2017」を開催し、心温まる大きな拍手の中、終演させていただきました。

第1部と第2部の2部構成。出演は幼稚園年長さんからJOC卒業の中学3年生まで幅広く、ピアノ・エレクトーンのソロ演奏はもちろん、歌あり、ピアノ連弾あり、ピアノとオーボエやビブラフォン、ピアノトリオの作品もあり、生徒の皆様の感性や想いが多彩な音楽に乗って伝わり、会場内はぬくもりあふれる感動に包まれていました。
各部の最後は出演者全員によるラインナップ。
フランス語で「未来」を意味する曲「L’avenir」をBGMに、小さな音楽家たちの、輝く未来を見つめるまっすぐな瞳が会場の皆様の心に残られた事と思います。

中学3年生の生徒さんのコメントをご紹介しましょう。
「最後のJOCのこの曲がいつまでも皆さんの心に残り続けます様に…」
音楽は様々な想いが育っていきます。今年も色々な曲と生徒さんとの出会いに感謝です。

また来年も、今しか創れない、今だから創れるたくさんの「世界にひとつだけの曲」との出会いを楽しみにしております。