スプリングコンサート2017

spring-1
spring-2
spring2-1
spring-3
spring-4
spring-5
spring-6
spring-7
spring-8

2017年3月27~31日、4月2日の6日間、新響楽器で最大規模のイベント【スプリングコンサート】が開催されました。約1900名の生徒さんたちがステージにて1年のレッスンの成果を発表してくださいました。

3月27日(月)@アルカイックホール・オクト

岡本センター・ミュージックサロン立花・ミューズ尼崎

初めは緊張されていた生徒様もだんだん緊張がほぐれ、ステキな笑顔がたくさん見られました。
演奏終了後には保護者の方も安心され、お子様にがんばったねとお声かけされている姿が印象的でした。
2017年のテーマ「しあわせとどけ!みんなのおんがく♪」にあるように、保護者の方や聴きに来てくださったお友達にも、「みんなのおんがく」が届いたのではないかと思います。
元気いっぱいな演奏がたくさんうまれました。

(会場スタッフリーダー:大前)

3月28日(火)@アルカイックホール・オクト

ミュージックスクール甲子園・芦屋ミューズ・ミュージックサロン芦屋

生徒の皆さんは日々の練習の成果を十分に発揮され、ニコニコの笑顔でした。
気分良くスマイルな記念撮影も出来たと思います。
初めて出演される生徒の保護者様が生徒以上に緊張されていらっしゃいました。
演奏後は安心されたホッとした笑顔でした♪
会場内もほぼ満席になり、賑やかな雰囲気でした。

(会場スタッフリーダー:保田)

3月29日(水)@アルカイックホール・オクト

ミュージックサロン西宮北口・JR尼崎センター・園田センター

3/29(水)無事、スプリングコンサートが終了しました。
昨年と違う会場での実施となりましたが、昨年と比べると舞台と客席の距離が近くなり、生徒様の演奏している姿をより近くで見ることが出来てよかったとのお声をいただきました。
本番に向かう時には緊張してひと言も喋っていなかった生徒さんが、無事演奏を終えホッとした表情でロビーに帰ってこられ、記念写真を撮る際にはカメラマンさんが掛けてくれる一言で更に笑顔になっていました。
保護者の方も一緒になって笑顔になっておられ、そんな姿を写真に収められている様子がとっても印象的でした。
大きな舞台で演奏している生徒さんは、お友達と顔を見合わせてニコっとしていたり、とっても真剣な表情だったり、みんなの衣装も可愛くて、より迫力のある演奏になったのではないかと思います。
最後のエンディング「マイフレンドミュージック」では、お友達と一緒に音楽にのりながら歌っていて、楽しい雰囲気が伝わってきました。
今年のスプリングコンサートも、生徒様・保護者様の大切な思い出の1つになっていたら嬉しいです。

(会場スタッフリーダー:渡邊)

3月30日(木)@アルカイックホール・オクト

ミュージックサロン武庫之荘・箕面センター・外院の里センター・ミュージックスクール伊丹

3月30日(木)はお天気がよく、暖かい気候に恵まれ、お休みされる方もなく皆さん元気に来て下さいました。
演奏中はお兄さん、お姉さん、またはご自分より小さいお子様たちの演奏に皆さん聴き入っていました。
今年初めてのご参加だった幼児科さんたちは、ドキドキしながらもしっかりとした演奏をされていて、どの部もそれぞれの良さがよく出ている演奏ばかりでした。
また、この春より幼児科をスタートされる在籍生の妹さんもいらしていて、お姉さんの晴れ舞台をいつもと違った様子で見ていらしたのが、印象的でした。
生徒様やお母様たちからは「今までの会場と違って舞台との距離が近くてアットホームでよかった!」「舞台袖からカメラマンの方が写真を撮ってくれてるのがよかった!」「きちんとした集合写真を撮ってもらえてよかった!」とのお言葉を頂けました。

(会場スタッフリーダー:瀧)

3月31日(金)@アルカイックホール・オクト

逆瀬川センター・ミュージックサロン夙川

この日は、1時間前より生徒様が会場入口で待ちわびてらっしゃいました。その姿はワクワクドキドキと緊張感に溢れていました☆それを見て私たちスタッフも同じく緊張していました!!
一番小さな幼児科クラスの皆様が、エレクトーンに向かい大きな声できちんと立って歌う姿には、いつも教室で見る姿と違い、「あ~頑張ってるなぁ」「凄く一生懸命だな」と感激しました。演奏中、保護者の皆様が一生懸命カメラを撮っている姿を見るたびに楽しみにしてくださる思いを感じます。
演奏後のロビーでは、とてもリラックスしてキャーキャー楽しく、でも記念撮影ではバッチリ笑顔の子もいれば、恥ずかしさから緊張の面持ちのお子様まで。また、中高生の皆さんはクールな表情の中にも落ち着きと安定感に自信を感じました。
そして1日の最後の演奏には、ディズニーのキャラクターが登場?!笑
ミッキー・ドナルド・プルート・エイリアン?(グリーンリトルメン)。
高校生になった男の子4名がミッキーマウスマーチを、キャラクターに扮して演奏してくれました。
途中でミニー(担当講師)も登場し、会場が一体になり、たくさんの手拍子が入り、とっても盛り上がりました。
あの姿を見ると、小さな頃からレッスンを続け、とっても自分達らしく楽しんで演奏をしているんだなぁと会場で思いました。周りを楽しませる演出も、先生と自分達で相談をして決めているんですよ☆
今はまだ小さな幼児科・ジュニア科のみんなにも、大きくなっても演奏を楽しんでもらいたいです。何度参加しても最後のマイフレンドミュージックは涙が出そうになるほど、生徒たちがチャーミングで立派だなと思う瞬間です☆
そして何よりも保護者の皆様が喜んで笑顔で帰ってくださることに毎年ながら感謝の気持ちでいっぱいです。

(会場スタッフリーダー:前田)

4月2日(日)@神戸文化ホール 中ホール

鈴蘭台センター・北鈴蘭台センター・西鈴蘭台文化センター・緑が丘センター

年に一度のヤマハ音楽教室の発表会。
今年は日曜日開催ということもあり、お父さまお母さまをはじめ、おじいさまおばあさま、親戚のご家族さまもいらっしゃっているというお声も伺い、たくさんの方にご来場いただきました。
開演前はソワソワしていた生徒さんたちも、オープニングの音楽が流れて司会者が壇上に登場すると、食い入るように舞台をご覧になっておりました。特に幼児科の生徒さんたちは、初めて、もしくは2回目のご出演ということもあり、舞台に向かう前は緊張されていらっしゃいましたが、演奏や歌を終えて戻って来られた時は、笑顔いっぱいで楽しかった!と話してくれました。その様子をご覧になっていた保護者の皆様も、とても嬉しそうな表情でいらっしゃいました。もちろん何度もご出演くださっている生徒さまの演奏は堂々としており、ヤマハで頑張っているとこんなに弾けるようになるんだよ、と、みんなの目標になるような演奏を聴かせて下さいました。
今年のテーマである「しあわせとどけ!みんなのおんがく♪」。たくさんのおんがくが、生徒さま、ご家族の皆様、お友だちはもちろん、ご指導くださっている先生方、そして私たちスタッフにもしあわせを届けてくださいました。また来年、より成長したみなさんの演奏を楽しみにしております。

(会場スタッフリーダー・吉田)