ヤマハ音楽教室WEBムービー〜楽しみながら耳を育てる。実はそれが近道。〜

音楽的聴感覚が最も発達する4・5歳では、とにかく聴くことを重視します。

言葉を覚えるときと同じように、「よく聴く→まねをする(うたう)」を繰り返し、ドレミを覚えます。ムリなく身体に音楽がしみ込み、将来の演奏に欠かせない音楽の基礎(ソルフェージュ力)となって蓄えられていきます。